渋谷スポーツ共育プラザ&ラボ すぽっとはスポーツを軸とした渋谷区の子育て支援施設です。

HOME > Topics

【受付中】2/27(土)「おうち性教育はじめます」著者 村瀬氏によるオンライン講座

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
書名:おうち性教育はじめます  一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方
著者:フクチ マミ  村瀬 幸浩
発行:KADOKAWA
書籍に関する情報は以下を参照ください。  
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この度、「おうち性教育はじめます」の著者でもあり、長年国内で性教育に取り組んでこられた村瀬先生を講師にお招きし、親としてまずは知っておきたい性教育についてお話いただくこととなりました!

「性教育、大事だってわかっているけどなんだか照れくさい…」

「どこまで話せばいいの?なんて言ったらいいの?」

「性について話し始めるのは子どもが何歳くらいから?」

などなど、悩んでいる保護者の方も多いのではないでしょうか?

村瀬先生の著書によると、3歳から10歳の時期の性教育が非常に大切である、とのこと!意外と早いですよね。

この機会に是非、専門家の先生のお話を聞いてみませんか?

オンラインでの開催なので、お家から気軽にご参加いただけます。

...................
◆開催日時:2月27日(土)11:00~12:00

◆開催方法:オンライン(Zoom)

◆参加費:無料

◆定員:50名

◆対象:どなたでも(渋谷区在住、在学、在勤優先)
   
◆講師:村瀬幸浩 「おうち性教育はじめます」著者

◆お申込み:以下フォームをクリックしてください。

...................

~セミナー概要 講師 村瀬氏より~

性教育は必要である、と多くの人が言いながら、なかなか進まないし広がらない。なぜだろう。理由は色々考えられるが、最も大きな理由は、「なにを教えるのが性教育なのか」がそれぞれまちまちで、共通したイメージ、目的などがなかなか見つからないことがあるのではないだろうか。
一方で巷には暴力的で差別的な性情報があふれ、ネットなどを通して子どもたちの身近に前及ぶという大人たちにとって憂慮すべき状況が進行している。しかも大人たち自身、まともに性を学ぶことが乏しかったため、十分な意識、知識を持ち合わせていないのが現状と言わざるを得ない。
そうした中で今回は、”子どもの性を育てるとはどういうことか” ”子どもの性がやさしく柔らかく育つとはどういうことか”について「いのち」「からだ」に存在する、との考え方をベースに”幸せに生きる性の学び”を追求してみたい。

講師 村瀬幸浩

東京教育大学(現筑波大)卒業後、私立和光高等学校保健体育科教諭として25年間勤務。この間総合学習として「人間と性」を担当。
1989年同校退職後、25年間一橋大学、津田塾大学等でセクソロジーを講義した。
現在一般社団法人“人間と性”教育研究協議会会員、同会編集による『季刊セクシュアリティ』誌編集委員、日本思春期学会名誉会員。

■主な著書及び編著
『おうち性教育はじめます』(KADOKAWA)
『3万人の大学生が学んだ 恋愛で一番大切な“性”のはなし』(KADOKAWA)
『子どもと性 必読25問 タジタジ親にならないために』(子どもの未来社)
『性のこと、わが子と話せますか?』(集英社)

Photo by 立川則人



一覧ページへ